HOME診療案内 > t-PA静注療法
アルテプラーゼ(t-PA)血栓溶解療法とは?
脳梗塞 超急性期の薬物療法
脳梗塞は、脳の血管が細くなったり、血管に血栓(血の塊)が詰まったりして、脳に酸素や栄養が送られなくなる病気です。そのため、脳の細胞が傷害を受け、手足の麻痺などの症状が起こります。
アルテプラーゼは脳の血管に詰まった血栓を溶かすことで、脳血流の改善が期待されるお薬です。
投与方法
症状が出現して4.5時間以内にアルテプラーゼを0.6mg/kg(34.8万国際単位/kg)の10%を注射で、残りの90%を1時間で点滴します。
有効性
日本で行った試験では、37%の人がほとんど障害のない状態まで回復しました。
米国で行われた臨床試験では、アルテプラーゼを使った人の39%がほとんど障害のない状態にまで回復しました(使わなかった人(26%)の1,5倍高くなります)。
安全性
 
この薬の特性から最も問題となる副作用は出血性脳梗塞です。脳梗塞では、脳の血管が詰まったことによってその先の血管ももろくなるため、この治療によって詰まった血管の血流が再開すると、この血流に耐えきれず、血管の壁が破れて出血を起こします。この状態のことを「出血性脳梗塞」と言います(これはこの治療を行わなくても起こることがあります)。
この程度は様々で、CT検査で初めてわかるものから症状が悪化するもの、場合によっては、命に関わってくるようなひどいものまであります。
米国の試験では、「症状の悪化を伴った出血性脳梗塞」は6.4%で、アルテプラーゼを使わなかった人では0.6%でした。日本の試験では、5.8%でした。
この「症状の悪化を伴った出血性脳梗塞」は、血圧の異常に高い人、血糖の調節が困難な人、意識状態の悪い人などで起きやすいことがわかっており、このような危険性が高い人には血栓溶解療法は行えません。
その他の出血性の副作用として、消化器、膀胱や肺など、いろいろな臓器出血を起こしたり、出血に伴う、貧血、血圧低下、発汗、熱感、発熱などがあります。いずれの副作用も数%未満です。
t-PA治療の件数
術 式 平成24年度 累計
t-PAによる血栓溶解療法 21 178
新聞記事
読売新聞2011年2月6日掲載
t-PA治療の症例
症例 67歳 女性
3ケ月前から心房細動あり一過性脳虚血発作で入院。
*月*日発症当日の朝7時30分まで元気に入院生活を送っていた。AM8時05分 倒れている所を発見(発症35分以内)。
左片マヒ 右共同偏視(眼球運動障害)が見られた。

頭部MRI拡散強調画像
右大脳半球に淡い異常高信号が見られる。

MRA(血管の様子を見るためのMRIの撮り方)
右中大脳動脈上行枝閉塞がみられた。
t−PAの静注を9時20分(発症後110分)開始した。
投与開始直後より共同偏視改善がみられた。

頭部MRI拡散強調画像
左前頭葉外側島皮質に梗塞の出現あるも症状は、消失。

MRA
翌日:MRAでは閉塞血管の再開通が見られた。